ほどほど庭のtayora koffie

ガーデニングやパン作りなど、ほどほどの趣味のあれこれ

ホームベーカリー×ブラウワー全粒粉でパン作り!食パン&カンパーニュのオープンサンド

こんばんは、ホームベーカリーでパン作りを楽しんでいるステキ主婦たよらこです。

ハナぶちょー率いるホームベーカリーパンサークル(ズボラ主婦の覚書)にも所属させてもらっています。このパンサークルと出会っていなかったら、わたしは今、パンを焼いていないと思います(*^^*)

 

この度木下製粉株式会社さんとのご縁をいただき、ブラウワー全粒粉をお試しさせていただくことになりました♡

 

ブラウワー全粒粉とは?

声を掛けて頂いたのに申し訳なかったのですが「ブラウワー全粒粉」知りませんでした。商品の詳細を読んでみたら、以前から気になっていたふすまの文字を見つけました。

わわ!ぜひこの粉でパンを焼いてみたい!

 

ブラウワー全粒粉の特徴は

  • 表皮(ふすま)と胚乳とを別々に処理した独自開発の小麦全粒粉
  • 100g当たり9.9gの食物繊維を含んでいる
  • 通常の強力粉の3.5倍以上の食物繊維を含んでいる

「ふすま」なるものは、表皮だったのね。

f:id:tayorako:20191004082204j:plain

通常の精白小麦粉では取り除かれる部分も入っているから、食物繊維の量が多いんだ

全粒粉は、米でいう玄米みたいなものかな

小麦を丸ごと粉砕して全粒粉にした場合、小麦にあるクリーズという小さな溝に塵や埃などの不純物が入っていることが多く、一緒に挽かれるため雑味が出てしまう。

ブラウワー全粒粉は、雑味を取り除き小麦本来の風味を引き出すために、表皮(ふすま)と胚乳とを別々に処理しているのだそうです。

別々に処理したら雑味がなくなるの?楽しみ!

  

ブラウワー全粒粉食パン

早速食パンを焼いてみます。

いつもの通りに用具や材料を出しちゃったけれど、一袋250gに分かれているので計量スツールいらなかったわ。

スキムミルクも不要だそう。
f:id:tayorako:20191007082341j:image

書いてあった分量通りに焼いてみたいと思います。

~材料~

ブラウワー全粒粉 一袋(250g)

バター 10g

砂糖 大さじ2

塩  小さじ1

水 180cc

ドライイースト 3g

いつも通り、パン容器に入れてホームベーカリーにセットし、ドライイーストはイースト容器にセット。
f:id:tayorako:20191007082348j:image

わが家の定番ソフトに合わせて焼きます。 

ワクワクしながら、出来上がりの音とともに蓋をパカッ。
f:id:tayorako:20191007082401j:image

お、普段の食パンよりは小さいけれど、十分膨らんでいる。
パンケースから取り出すと…
f:id:tayorako:20191007082409j:image

いい焼き色✨
中は薄っすら茶色です。
f:id:tayorako:20191007091403j:image
触るとフワフワ&モチっとする弾力があります。

 

ブラウワー全粒粉と通常の全粒粉の違い

全粒粉食パンは以前も焼いたことがありました。

食べたら香りがブハッとして、全粒粉独特の香りがすごかったです。
f:id:tayorako:20190517090820j:image

↑ 市販の全粒粉×強力粉1:1で焼いたときの断面図

美味しいけれどインパクトが強く、食感が少々ボソッとするので毎日は無理だなと思いました。

パンの断面の画像を見比べていただければ、ブラウワー全粒粉のきめの細かさが分かると思います。

 

ブラウワー全粒粉は強力粉とミックスしなくても、ほどよく膨らみました。 

ボソッとした食感もなく、ふんわりもっちり。
f:id:tayorako:20191007091421j:image

本当に美味しい!

 

ブラウワー全粒粉でカンパーニュ

今はまっているカンパーニュも作ってみました。

材料や作りかたは、今までの経験を総動員したたよらこレシピです。

~材料~ 

ブラウワー全粒粉 一袋(250g)

はちみつ 15g

塩  4g

水 180cc

ナッツ 適当

ドライイースト 3g

パン容器に材料を入れてパン生地コーススタート。

出来上がった生地のガスを抜いて15分ほど休ませます。
f:id:tayorako:20191011110754j:image

バヌトン代わりの洗えるバスケットに強力粉をふり、再度ガス抜きした生地を入れて2次発酵します(室温またはオーブン35度前後で40分)。
f:id:tayorako:20191011110804j:image

    ↓
f:id:tayorako:20191011110811j:image

オーブンシートを敷いた角皿の上に、バスケットを逆さまにしてそうっと出します。

表面に強力粉をふりかけクープを入れて、
f:id:tayorako:20191011110828j:image

表面に霧吹きで水をかけて、220度に予熱したオーブンで15分焼きます。
f:id:tayorako:20191011110837j:image

いい色に焼けました!

 

木下製粉メモ

ブラウワー全粒粉を製造している木下製粉株式会社さんは、製粉工場で製粉したての、鮮度重視の小麦粉商品に力を入れています。

製粉工場と併設された設備では、挽きたての小麦粉を使ったうどんなどの麺類も販売しているそうです。

商品はファリーナコーポレーション(木下製粉直販サイト) 、またはアマゾンで購入できます。

わたしがお試しさせていただいた250g×12袋入りのものは、こんな感じで届きました。
f:id:tayorako:20191007082437j:image

250gごとに分包されているの、すごく便利。 

24袋入りのものなら、1斤分(一袋)は100円ちょっと。 高すぎないのが嬉しい。

 

まずは少量試してみたいというかたには750g ( 250g × 3 ) が648円で送料込みの商品があります。

ふすまの状態が粗挽きが好みのかたには、ブラウワーライトやブラウワーもあります。

f:id:tayorako:20191007133931j:plain

色々な粉をお試ししたいかたにおススメの540円のセット。 

 

ブラウワー全粒粉をおススメできるポイント

  • 美味しく食物繊維を摂取できる
  • 一袋ずつの個包装になっているタイプだと計量しなくて済むので便利
  • 値段が高すぎない
  • 色々なタイプがあり、好みのタイプを選べる
  • アレンジが楽しめる

注意点

  • クセは強くないが全粒粉の香りはする
  • 国産小麦ではない

産地が記載されていなかったので問い合わせてみたところ、

カナダ・オーストラリアから小麦を輸入しまして、それを香川県にあります弊社の工場にて製粉しております。

粉はカナダ産、小麦ふすまの部分はオーストラリア産となります。

と丁寧に回答をいただきました。

国産小麦にこだわりたいかたには、香川県産小麦「さぬきの夢」を使用した商品もあるみたいですよ。

 

食材にこだわって健康に美味しく

食物繊維が身体にいいということは分かっているものの、根菜、きのこ、海藻などを意識して取り入れることを続けるってハードルが高いなと思っていました。

玄米ご飯に憧れはしたけれど、試してみたら好みではなかった。

毎朝食べる朝のパンで食物繊維が摂れたら嬉しい。

ブラウワーシリーズは独自開発で特許を取得しているそうですよ。

お試しできたご縁に感謝いたします。

これからも継続して使わせていただきます! 

 

カンパーニュのオープンサンド作りました。

右:チーズ&ツナマヨ&豆苗

左:チーズ&生ハム&バジル
f:id:tayorako:20191011124309j:image

上に乗せたものに負けず、麦の香りがします。

美味しくて栄養価が高いって嬉しい

興味をもったかたはぜひ、お試しください♡

f:id:tayorako:20191011124320j:image

farina.co.jp