頼らない子育て

人と違うを楽しむ×子育て

プラスのコマ

息子の夏期講習も残り1日・・・のはずだったのですが💦

一次関数の応用問題が解けずに、かなりの時間がかかってしまいました。
担当して下さっていた先生に「このままでは、予定通りの日数で終わらないよ。」と言われたそう。なんと💦
残り3日となっても一次関数から脱せない。息子もわたしも少し焦りました。そこで塾長先生に電話し「予定のところまで終わらせるには、あと何日くらい必要でしょうか?」と聞くことにしました。
「一次関数でだいぶ手間取ってしまったようで・・。」とわたしが言うと、
   「そうなんですよ。一次関数の利用の部分の応用問題は、得意な子でもけっこう引っかかりやすい部分なんですよ。」と塾長先生。
「そうなんですか。一応自分なりには頑張っているようなのですが、出していただいた宿題にどうにも太刀打ちできないようで、すみません。」(本当は〝分からない!と〟半分諦めていて、お手上げ状態になっています💦)
   「なるほど。そうですか。」「では、1度、一次関数から離れましょう。そして二次方程式に進んでみましょうか。」
「予定していた2学期の軽い予習まで進んで、自信をつけた良い状態で新学期に入れれば・・と考えています。お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。」「残りの回数で無理なようでしたら、必要なコマの分は追加でお願いしようと思っています。」と、伝えました。

今日、塾長先生から返答が来て、プラス3コマ追加で予定のところまで進むことになりました。
仕方ないですね💦

入塾するときに説明があり、なるほど・・・と思ったのですが、数学は単元ごとに分かれているので「比」「方程式」「連立方程式」「二次方程式」と系統の順番に復習するのが良いそうです。

息子のように一次関数が苦手な場合。表の中では紫の部分です。
どこで引っかかってしまったのかをチェックします。中学1年生の時の「比例・反比例」は・・・?大丈夫でした。
(そこも怪しいとしたら6年生の「比」まで戻って復習します。)
関数は中2・中3でも出て、高校の内容にもつながります。分からないままだと、高校の数学も確実に足を引っ張る・・ということになります💦


塾で頂いたプリントには色々書き込みがあって載せられないため、違う塾のものですが似た図の画像があったのでお借りしました。
苦手な部分は、同じ色を前に戻って復習するのが効果的ということですね✨


http://toprunner0138.up.n.seesaa.net/toprunner0138/image/E695B0E5ADA6E38080E7B3BBE7B5B1E4B880E8A6A7.jpg?d=a1


中断した一次関数をどうするかは、これからの課題です。息子は「難問はまだ無理だけど、夏休み前に解けなかった問題で解ける問題も増えた。」と、かなり前向きな様子。そうですか💦そんなに一次関数が分からなかったんですね。                                          

でも、電話しなければ一次関数で夏期講習が終わっていたのかも・・( ゚Д゚)
やはり、塾に通わせているからと安心して任せっぱなし・・ではダメなのだなぁと感じました。

また前回初めてお世話になった先生とは、あまり相性が合わず、授業がほとんど進まなかったため、そのことも一緒にお願いしてプラスのコマ(プラス担当の先生)を決めました。かなりワガママですが〝先生を選べる〟を売りにしている塾ですから、そこは活用しないと!

後日詳しく書けたら・・と思いますが、この夏休み、何校もの高校見学やオープンキャンパス、そして進学フェアに行きました。
今週末も2日間とも行く予定です。
息子の中で何かが変わろうとしています。
夏が終わろうとしている今になって、なんだかやる気が出てきてます。

チャンスの時期かなとも思い、本人の意思を聞いて授業を追加しました。
このプラスのコマが大きく育つといいな。