頼らない子育て

人と違うを楽しむ×子育て

子どもの歯科矯正 1

※矯正歯科の説明で口の中の写真が何枚か出ます。
 見るのが不快な方は、読むのをお避けくださいm(__)m

https://hospital-illustration.com/ja-material/617-hospital-illustration.jpg


スピーチ練習で、活舌をより悪くしてしまっている歯科矯正。
息子が歯科矯正を本格的にはじめて5ヵ月になりました。
素人目にはもう治ったのでは?と思うくらい、きれいな歯並びになっています。
こんなに早く治るんだっけ⁇とびっくりです。歯科矯正も進化しているのですね。
先生がおっしゃるには、奥歯が寝ているのでそれを起こす処置をします、とのことです。
実際にどんな処置かというと、今までつけていなかった器具を奥歯にも付けました。噛み合わせの時に、その器具が上の歯に当たらないように、ゴム製の突起物が下の奥歯の上に付いてます。ちょっと分かりにくいですが、歯が完全には閉じないようになっています。寝ている歯を起こすまでの一時的な処置なのですが、噛みにくいし、しゃべりずらいみたいです。


息子が4.5歳になった頃から、自分の歯の定期検診時に息子を連れていき、歯にフッ素を塗ってもらっていました。そのころから「この子は矯正しなければダメだね。早い方がいいよ。」と歯医者の先生に言われていました。
確かに歯の中心線がずれてはいるけれど、そんなに歯並びが悪い方ではなかったので、あまり気にせずに時間が経ち・・。
あるとき息子の口の中を見てびっくり。

奥歯が3つ重なりそうになってる・・💔
これはまずい、と思って矯正歯科に相談に行くべきか主人に相談しました。
主人も歯並びが良くないのですが、なんの不便もなく生活してきた人なので「(息子は)男だし、歯並びをきれいにする必要もないのでは。」との意見。

わたしは小学生のころに歯科矯正をしたのですが、矯正装置がついている間にあちこち虫歯になってしまって・・。
きれいな歯並びになったものの、虫歯の治療も続いたし、きれいな歯並びも時間が経つと少しづつずれてきていました。そのため、けっこうな金額の矯正をする意味はあるのかな、と思っていたのです。
息子もその時小学校6年生だったけれど、痛いのはいやだと全く乗り気でない感じでした。

でも、奥歯が重なっているこの状態は良くないでしょう💦
見た目とかの問題ではありません。
大丈夫か大丈夫でないかは専門家に聞かないと・・と、「まずは相談してみようよ。」と、主人と息子を説得して歯医者へ行きました。


定期検診していた歯医者の先生から、矯正は必ず専門の歯医者で、とアドバイス頂いていました。
日本矯正歯科学会という学会があり、学会では、矯正治療に関して充分な学識と経験を有するものを「日本矯正歯科学会の認定医・専門医」としているそうです。
ホームページがあります。
矯正をする予定の方で、気になった方はお近くの認定医を探してみて下さい。

日本矯正歯科学会

日本小児科学会というものも発見しました。
こちらにも認定医制度があるみたいです。
どちらが良いかなど、専門的なことは分からないのですが、こちらも参考のため載せておきますね。

www.jspd.or.jp


家から少し離れた場所に矯正歯科学会認定医の歯科があることが分かり、問い合わせの電話をしました。



f:id:tayorako:20170810202701j:plain


この写真が相談に行った時の息子の歯です。
上の前歯が離れていて、よく見ると中心がずれています。
一見そんなにひどさは感じないのですが、上の歯の一部が歯ぐきから生えてしまっています。
そして1番の心配は奥歯のピラミッド・・。



f:id:tayorako:20170810202901j:plain



「生える場所がなくて、内側に生えてきていますね。」と、先生。
「歯科矯正をしなければ、合わさってしまう場所は歯を磨けず、虫歯になるでしょう。」と。
ですよね・・💦
地元の歯医者さんのアドバイスを聞いて、早めに歯科矯正をしておけば良かったと反省するも、もう遅かった・・💔

歯科矯正に賛成でない主人にも、一緒に矯正歯科に来てもらいました。
虫歯になって入れ歯になる可能性も、という先生のお話しに「うーん。それじゃ仕方ないけど、本人次第。」と。
その本人ですが、矯正装置を見てさらに怖気づいてしまってる。
まぁね。あれを見て「わー🎵やってみたい🎵」と思う子は少ないと思いますけれど。
「歯が虫歯になったら、治療でもっと痛いかもよ。」と。「でも、どうしても嫌なら無理せずに、様子を見て、自分が必要と感じたらでもいいけれど。」
「無理やりやるものではないから、よく考えて自分で選んでね。」と言いました。
息子はしばらくしてから、「じゃあ・・・・・やる⤵」と。

やるって簡単ですが、お金は簡単じゃないのです💦
初診相談の後は、検査でした。
検査には5万円かかりました。
検査ではレントゲン検査、歯型の検査、顔や歯の写真、顎の動きのどの検査などをしました。
その検査結果をもとに、歯並びやかみ合わせの問題点とそれに対する治療法を説明してもらいました。
だいぶ昔、図書館で『抜かずに治す歯科矯正』だか『絶対に歯は抜いてはいけない』だか、正確には忘れてしまったのですが、そんな題名の本を借りて読んだことがあって。先生は検査の結果、息子の顎に入りきらなくてどうしようもない歯を左右1本ずつ計2本抜きます、と言うので「そんな本を読んだことがあるのですが、大丈夫なのですか?」と失礼ながら聞いてみました。
「10年位前には一部の人がそんなことを言っていた時代もあったのだけれど、今はそういうことを言う人はほとんどいません。たくさん症例もあるし、問題ないですから大丈夫ですよ。」と、説明してくださいました。不安は取り除いておかないと✨


自分が歯で苦労したので、息子の歯には気をつけていたつもりだったのに~~~。
固いものも与えていたつもりだったし、仕上げ磨きも長い間していて、虫歯になったことはありませんでした。
でも、まだ足りなかった部分があるのかな。悔しいな~。
夫婦2人とも歯並びが悪いわけで、遺伝も大きいのかしら~~💦

検査で歯が生えそろってから矯正開始しますということが決まり、やる気になったけど2年くらい間が空きました。ちょっと拍子抜け。
今年の3月にやっと生えそろって準備完了。紹介された別の歯医者で、入りきれない2本の歯を抜いて、その傷が治ったらいよいよ矯正開始です。

スタートまで長かった~。
そして治療費です。これから始める方は気になりますよね。
わが家の場合は初診相談料5.000円。検査料50.000円。治療費600.000円ちょっと。その他1回につき5.000円から6.000円の処置料。
2年かかって月に1度治療に通ったとしたら、だいたいですが750.000円から800.000円といったところでしょうか。
た・・・・高いけど、予想より高くない✨
わたしの時代の矯正でも100万くらいしました。
今は器具も進化していて、つけているかどうか遠目では分からないくらいのものなのに、昔より安い✨
それも息子の希望により、目立たないものをつけました。
「どちらにしますか?」って言われたら、そりゃ上の目立たないほうって言います💦
金額の差もすごーーくは、あるわけではなかったので、思春期の子には目立たないものをチョイス。
でも、その選択で思わぬ困った・・も出ます・・。

ちょっと長くなってしまったので、次回に続きますね。