頼らない子育て

人と違うを楽しむ×子育て

文系か理系か

昨日職場へ行ったら、先週一緒に仕事をしていた先生たち全員、体調不良・・からの復活でした。
お腹の調子が悪い子がいたのですが、熱がないため毎日園に来ていて、でもトイレの回数は多くて、処理にかかわった全員アウト・・。
手洗いなど、気をつけていたつもりだったのですが、甘かった💦
感染症にご注意を。手足口病、胃腸炎、そしてアタマジラミも出る季節です。
気をつけなければ💦ですね。



息子の夏期講習は2週目に入りました。
計算問題は出来ると判断されて、文章問題に入ったようです。
宿題に難しい文章問題を6問出されたそうで、ウンウンうなりながら解いていました。
さすがにmanaboは使えないね。
がんばれー⤴

間に1日あるので3問ずつ2日に分けて解くらしく、半分が終わりました。
「やっと、解けた~~。疲れた~~~。」
「気晴らしに、チベット仏教について調べるね。タブレット使うよ。」と、息子。
気晴らしにチベット仏教💦
疲れないんかい💦

本当に社会が好きなのね・・。

数学が苦手になる前の中1の頃から「数学の問題が解けても、嬉しさをあまり感じない。」と言っていた息子は、完全文系人間だと思います。
社会がある日はウキウキして学校に行きます。
数学が2時間ある日は、重いリュックがさらに重く見えるような背中で学校に行きます。笑。

アドバイス下さる方に「まだ、文系か理系か決めない方がいいよ。」と言ってくださる方がいますが、ずっと息子を見てきて、たぶんそこはもうぶれないと感じています。得意か不得意か・・ということではなく、取り組んでいるときの顔が全く違う。
社会を勉強しているときの顔はイキイキしています。

こんなふうに思えるのは、中1でお世話になった担任の先生のアドバイスからでした。
そのころは、文房具を作ったり開発したりする〝ものづくり〟にも興味があって、ものづくり=理系。
それとも、社会や英語など得意な科目を生かした職業か・・と悩んでいました。
先生に「好きなもの(文房具)を仕事にするのと、得意なこと(社会・英語)を仕事に生かすのではどちらがいいですか。」と聞いたところ、「ぼくは、好きなことは趣味でやる。得意なことを生かして仕事をするかな。」と、アドバイスをくださいました。
その言葉にわたしも息子も、ストン!✨とつかえが取れるように納得したのを覚えています。
「興味をどんどん広げていったら、将来掛け算みたいになにかとなにかが掛け合わさって、仕事になると思いますよ。」と。
その言葉が息子の将来へ続く道の指針になっています。

先生には夏休み中も、英語スピーチ練習でお世話になっているのですが、先生が持っていたスケジュール表を見ていいなぁと思ったらしく、カキモリの手帳に手書きで(先生はパソコンで?らしいです)真似てスケジュール表を作成してました。

f:id:tayorako:20170808220526j:plain


文具の話しが出来る大切な存在の先生。
今年は担任ではないけれど、大変お世話になっています。
ありがとうございます✨