頼らない子育て

人と違うを楽しむ×子育て

保育園に息子を入れた理由

今高校選びをしている息子です。
たくさんの学校の中から選ぶことは楽しくもあり、悩ましいことでもあります。

小学校・中学校は、私立を選ぶ方もいらっしゃるでしょうが、ほとんどの人が近辺の公立へ。
わが家も公立の小学校でお世話になりました。そして同じく公立の中学校でお世話になっています。

その前は公立の保育園でした。
その保育園を選ぶまで、わたしの中でかなり悩みました。
保育園か幼稚園か。
2年保育か3年保育か・・。


息子が産まれる数か月前まで幼稚園で働いていました。
出産を機に退職して、専業主婦になりました。

子育ての日々は楽しいけど、1対1って想像以上にハードで、きりがなくて、毎日くたびれていました。
息子はやんちゃではなく、おとなしいけれど甘えん坊で、人見知りがはげしかった。
社会性を身につけさせたいと思い、毎日のように子育て支援センターや公園に行きました。

自分から離そうと思えば思うだけ、息子は引っ付いて離れませんでした。
今思えば、離そうとしなくても良かったのかな。
見守っておけば、自分から離れたのかな。
その答えははっきりとは分かりません。

たくさんのまま友と知り合いになります。
息子が社交的でないということは、わたしも社交的でないということで、その付き合いもなかなか疲れました。
幼児期って立てるようになったとか、歩けるようになったとか、何が出来ようになったとか。
2人目が出来たとか、3人目が出来たとか。
自分が望んでいるかどうかというよりも、その中にいると自分も自分の子もそうでなければならないとか、早くそうなってほしいとか、いらない雑念でおおわれていく感じがしました。
息子の発達を、息子なりの成長として喜んであげたいのに、誰かと比較したりしている自分が嫌になったりしました。


社会性が乏しい息子は3年保育で入れないとダメかも・・と考え、その前の年に3~4か所の幼稚園のプレに参加しました。
まま友とそのお子さんと一緒です。
色々な情報が飛び交って、その情報に左右されながらも、自分の目で確かめたりして、けっこう濃い1年でした。

10月くらいになると、ほとんどのまま友が幼稚園を決め、11月には入園願書を提出します。
仲の良いまま友と同じ幼稚園にしようか迷っていたけれど、その幼稚園は鼓笛隊などやっていて、ビシビシな雰囲気がおっとりの息子には合わないと感じていました。
家から少し離れた幼稚園が自由保育だけれど、先生方の目が行き届いているところを気に入って、そこに入園させたかったけれど、園バスが近くまで来ない💦
その頃は車は主人が仕事で使う1台しかなかったので、送り迎えは無理。
泣く泣く諦めました。

そんなことで、迷って迷って入園願書の11月が過ぎ、年末に・・・。
わたしは息子を入れる幼稚園に何を望んでいるんだろう。
どんな場所で過ごすことが息子にとって、幸せなんだろう。

たくさん考えた結果です。
園では友だちとたくさん遊んでほしい。
遊んで社会性を身につけてほしい。
お勉強に力を入れていなくてもOK。それは自分で教えればいい。

まま友でない、昔からの友だちに相談したとき、目からうろこのアドバイス
「それって、保育園でいいってことじゃない?」

色々悩んでいたことが吹き飛んで、すぐに申請方法を調べました。
〝そうよね。保育園に預けたいってことは、働くってことだ〟
その瞬間。子育てに一生懸命になりすぎて、自分のことをすっかり忘れていたことに気づきました。
〝働いていいの?久しぶりに働きたい✨〟

ただし、家庭が1番の優先項目。
息子のこと、家のこともちゃんとやりたい。
ということは、時間は短い方がいい。

自分の中で選択基準をしっかり定めて職を探すと、運がいいことに9時から3時で雇っていただける園に巡り合いました。
保育園申請も期限は過ぎていましたが、その頃はまだ空きもあって滑り込むことが出来ました。
今そんなゆるーい理由で保育園に預けようとしても、無理かもしれませんね💦
田舎なこの付近でも待機児童問題はあるようです。
日本死ね」なくらいですからね💦

そして3年間、保育園に通います。
良かった点、良くなかった点も。
続きます🎵