頼らない子育て

人と違うを楽しむ×子育て

笑顔で息子を迎えに行くために

当たり前なのですが、この仕事をしていると、24時間保育中になります💦
Fくんの加配をしていたときに、息子は5歳。
保育園年長組です。

朝から夕方までFくんと過ごして、帰りに保育園へ息子を迎えに行き、
帰り道に毎日公園に寄って、逆上がりの練習をし(→息子の運動音痴を直すことを諦めてなかったころです。)
家に着いたら、お気に入りの自転車に乗って走りたい息子にちょっとだけ付き合い、やっと帰宅。
家に帰って夕飯作り、息子と毎日1ページを日課にしていたワークをやり、お風呂に入ります。
子育てを楽しむというより、日課をこなす!という感じだったかも・・。


なにを頑張りすぎてたんだろうな~⤵と、いまになれば分かる💦
わたしの悪いところです。
いまはようやく、『まあいいじゃん♡』が出来るようになってきました。
でも得意か・・と言ったら、得意ではないので『まあいいじゃん!!!!!』と心に言い聞かせます。


仕事のストレスと疲れから、息子にあたってしまって反省することもしばしば⤵
寝顔をみながら『Fくんのことはあんなに待てたのに、なんで息子のために待ってあげられなかった?』と自分の不甲斐なさを責めました。




どんなに嫌なことがあっても、疲れていても、息子を笑顔で迎えに行きたくて、ある方法を思いつきました。
えーっと💦田舎だからできた方法なので、みなさんが使えるかは分かりません。笑。

帰り道に周りを田畑に囲まれて、人通りも車通りも少ない場所があって、運転をしながら窓を開けて「うぉーーーーーーーーーーっ」と叫ぶだけ。
うそでしょ、と思ったかもしれませんが、わたくし毎日叫んでいました。
のちほど詳しく書きたいと思っていますが、あるときからFくんのつば吐きが始まってしまい、心がズタズタになっていたころです。

誰にも迷惑を掛けずに出来るし♡(ええと・・周辺の方、もしかしたらごめんなさい。でも車で走りながらなので一瞬でしたよね♡)
ストレスを全部体の中から追い出すイメージで✨


「ただいま~」と息子を迎えに行くと「ママ!」と走ってくる大切なわが子に笑顔で会いたいので、母はマイ切り替えスイッチを見つけたんです♡



f:id:tayorako:20170519201557j:plain