読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頼らない子育て

人と違うを楽しむ×子育て

自閉症児を理解していないわたしが自閉症児の加配になった日

わたしを成長させてくれることになるFくんとの出会いは、平成20年7月でした。
その日からFくんが卒園する23年3月までの2年8か月。
わたしは担任ではなく、加配保育士として関わります。


加配という言葉をはじめて聞いた方もいらっしゃるでしょうが、
加配とは、生まれつきの発達障害などで、他児と同じように保育園の生活を送ることが難しいお子さんに、
配慮を加え、生活を支える役割を担っています。
“補助”であれば、クラス全体を見ながら、その時々に困っている子に手を差し伸べるのですが、
“加配”ですので、ほぼFくんだけを介助します。

入園してすぐに、専門機関で知的障害発達障害と診断されたFくん。
言葉はほぼオウム返しでした。要求は指さし。
自分の欲求や思いが通らないことがあるとパニックになったり、奇声を発していました。
体は大きく、人や物への体当たりも時々あり、目が離せない状況でした。

本当にお恥ずかしい話なのですが、加配になった当初のわたしは自閉症の名前と特徴は知っていたものの、
自閉症児とどう関わったらよいのか、まったく分からない低レベルの保育士でした。

Fくんの加配の前には、ダウン症児の加配をして、その前にも発達障害がある子との関わりの経験も
あり、大変そうだけれどどうにかなるかな・・と思っていました。
その子に対して、その子のお父さまやお母さまに対して、本当に失礼でした。

ただ、現実的に発達障害専門の機関を併設していない保育園や幼稚園で、発達障害の子の補助や加配に当たるのは、パート保育士やパート幼稚園教諭です。
そのパート保育士やパート幼稚園教諭がみんな発達障害を理解しているかというと、理解の差はかなり大きいと思います。

ある程度の知識と経験があれば、たくさんの子と関わってきているので、
「あれ、この子はもしかしたら発達障害かもしれない」
と感じることはあります。

その子が発達障害なのか、どんな発達障害なのかを診断できるのは、医師です。
関わり方を教えてくれる専門職は、
臨床心理士
臨床発達心理士
音楽療法士
作業療法士
言語聴覚士
特別支援学校教諭
社会福祉士
精神保健福祉士です。
もちろん療育の勉強をした保育士や幼稚園教諭も。

発達障害と一言でくくっていますが、その種類や特徴は幅広く、その子にとって良い関わり方が1人1人
違うのでこんなに多くの職種があるのだと思います。


発達障害への理解も深くなってきて、研修や勉強会も増えてきました。
最近のことです。
研修に参加するの正規職員が多く、子どもを抱えたパート職員などは仕事以外で研修に行く時間はなかなか取れず、理解が遅れてしまうという現実があります。

地域によっても差があり、東京には療育施設が公私のものともたくさんありますが、
私が住んでいる県の端っこ、田舎の地域では、まだ発達障害の子が通園できる施設も少なく、今もなお理解の進みは遅いように感じます。


Fくんとのスタートから数か月。
毎日がボロボロでした。
きっとFくんにとっても、最悪な数か月だったと思います。
ごめんなさい。

日々の奇声と体当たりと、パニック。
どうしていいか分からなかったのです。
その頃勤めていた園も、その子に対する理解はなく、クラスにいるとほかの子に危害を与えたり保育の邪魔になるので、なるべく外遊びをしていてください、と言われました。
その言葉は、すごく衝撃的で、悲しかったです。
担任の先生は、Fくんと関わろうとはしませんでした。

1日中、その子と園庭で遊んでいました。
一緒にといっても信頼関係がなかなか結べない。
目が合わない。
会話ができない。

2人でいるのに、1人ぼっちの気分でした。
きっとそれはFくんも・・・。


そんな最悪な状況から抜け出すきっかけをくれたのは、その地域の園を時々巡回していた、特別支援学校の先生でした。

Fくんとの関わり方を学べて参考になったことは、発達障害の子でなくても参考になることがいっぱいでした。
発達障害の子に伝わる方法は、どんな個性を持っている子にも当てはまる方法です。
Fくんと出会ったころ、息子は5歳です。
自分の子育てにも大きく影響しています。
とても感謝しています。



f:id:tayorako:20170514211038j:plain