頼らない子育て

人と違うを楽しむ×子育て

習い事

小さいころの習い事はほとんど運動でした。

スイミング9年
キックボクシング2年
総合スポーツ2年

運動が苦手だし、喘息持ちだった息子の体力を伸ばしたいと思い、
小学生まで、親子で頑張りました。

結果、運動は得意にならず・・。

けれど、運動が嫌いなわけではありません。
いや、嫌いなものも、ちょっとあります💦


色々頑張ってみた結果、頑張ればどうにかなることと、
どうにもならないことがあることが、分かってきました。

はじめる時期も大切だし、その子の性格や資質に早く気付けるかどうかで、
伸びしろを増やせるか変わるのかなと感じています。

ただ、どうにもならなかったことも、じゃあやらない方が良かったのかというと、
そうは思っていません。

長く続けたスイミング効果では、陸上では、早く動けない息子ですが(笑)
水中ではびっくりするほど、生き生きしています✨
肺活量も増えて、スポーツテストでも、シャトルランなどでは、
結構頑張っていたりします。

そこで出会う友だち、先生から色々なことを教えていただいて成長していると
感じています。





ピアノが少し弾けるので、それは自分で息子に教えてあげようと思い、取り組んでみましたが、
わが子に教えるって、すごく難しい⤵
そしてなぜに、こんなに音感ない???

職業柄、鉄棒や跳び箱も子どもに教えることも多く、何十人もの子の、出来るように
なる姿を見てきたのですが、自分の子が1番大変でした。
吸収するのになぜこんなに時間がかかる💦
わが子ならではの、プラスのストレス。




親が教えてあげられることは、息子の得意な分野なら吸収力が高いのでOK。
逆に不得意なことは、習い事として、第3者のかたに教えてもらう方が、親子でストレス
感じなくてよいのかなと思いました。


いまは習い事の種類もたくさんあって、うらやましいくらいですね。


経験したことは、必ずその子の糧になります。
糧になるには、少し継続することが必要ですので、出来れば体験してみて、
これなら続けられそう。楽しそうと子ども自身が感じたものを選ぶといいと思います。


f:id:tayorako:20170510211555j:plain