頼らない子育て

人と違うを楽しむ×子育て

子どもと一緒に小山登り

今週のお題ゴールデンウィーク2017」
 f:id:tayorako:20170503210330j:plain

山登りと言っても、そんなに高い山でなくても大丈夫。
小さな山で充分です。

画像は小富士の途中です。
息子が小学校低学年のころかしら。
何度も登って慣れた道なので、張りきって登っている後姿。
「見えるところで待っててね」と声を掛けてました。
一人で張りきりすぎても危険ですので✨

標高1,979メートルの小富士は、富士山東裾の側火山です。
須走口登山道古御岳(5合)まではバスか車で行き、そこから徒歩で往復1時間。
とてもお手軽ですが、登りはじめる場所が、すでに標高が高いため景色が壮大です✨
真上に見える富士山の姿も素晴らしいです。



 f:id:tayorako:20170503212238j:plain

高尾山もお手軽な山ですが、実は一号路から六号路までコースがあります。
ケーブルカーを使わずに下から歩くと、本格的な登山コースになります。
子どもの年齢(と親の体力も)を考慮してコースを選ぶと、何回も楽しめる山です。

手をつないでくれていたころが懐かしいな。



 f:id:tayorako:20170503212818j:plain

高尾山と同じ、コースがたくさんある筑波山
自分が小学生のころの記憶だけで登ったら、きつくてびっくり💦
この日は白雲橋コースを歩きました。

距離:約2.8km 標高差:約610m 所要時間 登り110分/下り95分・・・らしい。
途中狭くなる箇所があり、渋滞していてもっとかかりました。

「弁慶七戻り」「高天原」「胎内くぐり」などの巨岩、奇岩があり、
筑波山を満喫できます。



まずは小さい山から✨

澄んだ空気。
すれ違う人とのあいさつ。
青々とした自然の景色。

もしかしたら、すぐに「疲れたー」というかもしれません。
(そういう予感のある方は山ではなくハイキングからでもOKです♪)

疲れたはずなのに、頑張って歩くかもしれません。
その時は、たくさん褒めてあげてくださいね♡

運動の苦手な息子も山登りが大好きです。
瞬間的に出す力は弱いのですが、持久力は登山でも鍛えられたのかもしれません。


疲れても登り切って、見えた景色を親子で共有してみて下さい。
「疲れたー、もう行きたくない・・・」ともし思ったとしても、
「登って良かったね。楽しかったね。」と、ぜひ✨

1つずつ山を乗り越える経験を、楽しみながら親子でできたら最高です✨
いつもはできない、すてきなスキンシップを✨