頼らない子育て

人と違うを楽しむ×子育て

お金をかけずに英語が得意な子に

息子が英語へ興味をもったきっかけは、パソコンのローマ字入力です。
興味のあることをパソコンで調べるというので、時間を決めてパソコンを使うことをOKしました。
そのときに使用したものが、ローマ字入力マウスパッドです。


↑こんな感じで、もっとカラフルなものが100均に売っていて、それを買いました。
変換するのが楽しいらしく、あっという間に覚えていきました。






興味が出てきたところで、アルファベットのワークを買いました。
先日久しぶりに開けた段ボールに残っていました。


f:id:tayorako:20170623082215j:plain


f:id:tayorako:20170623082404j:plain



すごくシンプルなワークです。
シンプルなワークで基礎を✨







そして、単語帳を使って少しづつ単語を増やしていきます。


f:id:tayorako:20170623082827j:plain


単語帳が増えるペースは最初はゆっくりです。
日々の宿題やワークもあるし、興味のレベルが低いときは急いでも効果がないので、気が向いたときに少しづつ。


f:id:tayorako:20170623082947j:plain


増やすだけでなくて、単語帳見て復習もします。
復習しないと忘れてしまうので。
かわいいものを見つけてやる気がアップするように、一緒に単語帳を選びました。




息子に英語の早期教育をしようと思ったのは、わたしが英語がすごーく苦手だったからです。
今でも覚えているのですが、中学生のとき「月火水木金土日の英単語を明日、テストします。」と先生に言われて、家で単語練習したのですが、なかなか頭に入っていかない。
結局テストで正解できたのは、7単語のうち半分くらい。
「なんで出るものが分かっているのに書けないんだ」と言われました。
本当にその通りです。
練習せずに不正解ならともかく、練習したのに出てこないことが悔しくて・・・。
小6までを伸び伸びと過ごしすぎたわたしは、中学校の英語の壁にドカーーーンとぶつかったのです。

もがいている中でふと気づいて周りを見れば、小学生のうちに近所の英会話教室に通っていた妹は英語が得意。同じく英語を習っていた友だちも英語が得意。
なんで自分はやってこなかったんだろうと、英語が必須教科になってから後悔しました。




ママ友のなかには、これからはグローバル社会だから英語が出来なければ働いていけないと、息子さんを幼稚園からインターナショナルスクールのようなところへ入れた方もいます。


http://eigohoiku.com/wp-content/uploads/2014/12/youtien.jpg


わたしは息子が幼稚園に入るときは、そこまで考えられていなかったので、選択項目にも入っていませんでしたが、その方は息子さんが産まれたときから英語教育についてどうしていくか考えていたそうです。
すごい・・。
その息子さんは、うちの息子が先日取れたばかりの英検準2級を小4で取っていました💦

もし選択項目に入っていたとしても、遠くまで通うための毎日の送り迎えと、けっこうかかるらしい費用、わが家では出せなかったかも・・。



ということで、お金をなるべくかけず、わが家らしくコツコツと、英語をはじめた息子とわたしのこれまでの経過です。

①5歳ころ アルファベットワーク
②6歳~7歳ころ パソコンのローマ字入力を覚える
③8歳ころ 単語のワークをやる
④9歳~ 単語帳で単語を増やす
⑤10歳~英語の本をCDで聞いて読む

この英語の本とCD、とってもおススメです。
使っていた現物を人にあげてしまってないのですが、
日本語の本と、それが訳されている英語の本を見つけました。
セットで売っていなかったので、執念で探しました。


恐竜谷の大冒険


これです



そしてCD付き書籍がこれです



紙質は良くないですが、CDと本がついてこのお値段はお得✨
発音はネイティブで本格的なのですが、効果音が流れていて楽しい。
内容を頭の中でイメージしながら、ワクワクした気持ちで聞くことができます。


はじめは、日本書の恐竜谷の大冒険をじっくり読んで、内容を理解します。
そしてCDを流します。
ついている洋書を見ながらのときもあったけれど、聞き流すほうが多かったです。
聞き過ぎて、CDの音が飛ぶくらいでした。
そして冒頭の2.3ページは暗記してしまいました。
恐竜谷の大冒険は小学校中~高学年でないと難しいかもしれません。







もっと早い時期にやりたいならこんなものも見つけました。



児童書の中の児童書「はらぺこあおむし」の英語版andCD。






こちらの商品もレビューがいいみたいです。



色々な教材があるんですね✨
どんどん進化してる。
すばらしい。





その後、知り合いからスピードラーニングのお古を頂けることになるのですが、その効果も合わせて英語の取り組みについて、続きをまた書きます♬
読んでいただいてありがとうございました。

検定・得意なもので自信をつける

週末は漢字検定でした。初挑戦なので、まだ3級受験です。
息子が「小さい子から、おばあちゃんやおじいちゃんまで広い年齢層の人がいたよ」と言っていました。
はじまりとともに、手汗がふき出して、シャーペンが滑って大変だったそうです。笑。


はじめての検定は小学校6年生に受けた英検5級と歴史検定です。
小学校4年生くらいから、歴史に興味をもちはじめて、どんどん好きになっていきました。
学童に置いてあった中国の歴史の漫画がきっかけだったようです。
図書館でも本を借りたり、本屋で気に入った本を買ったり、テレビで歴史ものを一緒に見たりしました。
知識の吸収がスポンジみたいだったので驚きました。
歴史の検定があることを知って伝えると、興味を示したのですが、初めての検定なので1人では心細いというので、2人で受けてみることにしました。

わたしも歴史は好きでしたが、勉強するのは久しぶり。
戦国時代や江戸時代は自信あったのですが、検定ですからまんべんなく出題されるので、3級は無理💦
わたしは準3級を受験しました。
息子は準3級と3級も受験することにしました。





なんと両方とも合格✨



f:id:tayorako:20170620102808j:plain





歴史検定の3級は高校基礎レベルです。
この検定のおかげで、それまで引っ込み思案な息子に自信がつきました。
担任だった先生がたくさん褒めてくれました。
第3者から褒められることは、やる気への効果が格段にアップ✨



ちなみにわたしは準3級がギリギリの合格でした。
小6にして、息子に追い抜かれました💦
悲しいような、嬉しいような✨


検定って色々あるんですよ。
漢字検定・数学検定・歴史検定・英語検定という難しそうなものでなく、
虫が好きな子ならファーブル検定。
電車好きなら時刻表検定とか。



http://shikaku.kodomo-jiten.com/img/kodomo-shikaku-top01.gif



恐竜検定やお菓子検定など。
得意なことを検定で試してみるのもいいと思います。

将来役に立つかも大切ですが、興味が広がるきっかけになるか、自信につながるか✨







そして、昨日は英検準2級、1次の発表でした。
仕事から帰ったわたしに、息子が「お母さん、ダメだった」というので、一瞬背筋がヒヤ~っとしましたが、「インターネットが開けないんだよ」というので、『なんだぁ・・・そっちかぁ』と心の中でため息。
でも、「今回は50%50%の確立だと思う」と受験後の息子が言っていたので、『もしダメでも大丈夫。まだ次があるし、ガッカリしないように。前向きに・・・』など、励ます要素を並べていました。

何回クリックしてもアクセスがつながらないこと1時間。
違うことをしつつも、2人して気になる気になる💦



f:id:tayorako:20170620103745j:plain

やっと開けた瞬間、息をするのも忘れてました。


おめでとう✨
コツコツ頑張ったね~✨



塾に行ってない息子が英検準2級を取れたわけには、塾・・には頼ってないけれど、色々な人に支えられている「からくり」があります。
また小さいころから積み重ねてきたものも♡

自分でコツコツ勉強する子に

勉強を楽しいと思える子に育ってほしいと思いました。

自分自身が勉強の楽しさに気付くのが遅かったからです。
それで、たくさん苦労しました。

勉強を避けて通れない中、その勉強が楽しかったら自分の中の世界が変わったかもしれない・・・と思いました。
生まれつきの天才もいるかもしれません。
でもそれは、きっとひとにぎり。
やっぱりコツコツ頑張らないと、なんでも上手になりません。



息子がコツコツ頑張る子になるために、わたしがコツコツ頑張ってきたこと。


それが毎日1ページのワークです。
ちゃんと覚えていないのですが、たぶん2歳ころから始めたと思います。



f:id:tayorako:20170616195816j:plain


2つあるうちの段ボールの1つです。
今まで息子と一緒にやったワークを入れています。


久しぶりの開封✨



ワークと言っても、2歳ですからこんなワークです。


f:id:tayorako:20170616195950j:plain

f:id:tayorako:20170616200049j:plain

f:id:tayorako:20170616200105j:plain


懐かしい✨




少し慣れてきて、字にも興味が出てきたらこんなワークを。


f:id:tayorako:20170616200206j:plain









保育園のころのワークです。
帰宅後に一緒にやりました。


f:id:tayorako:20170616200249j:plain



本を好きになるのと同じで、楽しくないと続かないので楽しめるものから。
最初は「もっとやりたい!」って言うけれど、最初にやりすぎると飽きるので、「そうだね。楽しいね。じゃ、毎日1ページずつお母さんとやろうね♪」と。


絶対タブーは色塗りが下手でも線からはみ出して切っても、叱らないこと。
褒める。いっぱい褒める。


目的は上手に仕上げることではなくて、ワークが楽しいと思えることです。
そして、毎日続けること♡








小学生で学童に行っていたときは、無料プリントを印刷して、毎日1枚持たせていました。
もともと家でやっていたのですが、ある時「家に帰ったら遊ぶ時間をいっぱい作りたい」と息子が言ったので、学童に持たせることにしました。
勉強の時間にやっていました。



f:id:tayorako:20170616200433j:plain



その日によって、漢字。算数。
一緒にやってあげられなかった日は、丸つけは一緒に。
「頑張ったね。」と褒めて。


学童でやってこなかった日は、帰ってきてから一緒にやります。
自分がどんなに忙しくても、ワーク1ページ(またはプリント1枚)の時間は息子のためにとります。




具合が悪かったり、遠出で出かけたりと無理な時はもちろんお休みですが、それ以外の日はほぼ毎日続けました。
音読もです。



ワークは1冊だけを買って、そのワークをやり切ったら次のワークを買いました。
息子と一緒に本屋へ行き、どれがいいか相談しながら、最後は息子が選ぶ。


だんだん、難しいものにも挑戦してみたくなってきます。



f:id:tayorako:20170616201807j:plain




答えが間違っていてもいいんです。
頑張ってやればOK。
間違ったところは一緒に考えます。
分かったら、また褒めます。


いつの間にか、毎日1ページが習慣になっていきます。
もちろん宿題とは別の自分だけの1ページです。
負担になるような量は与えないでください。


楽しくないことは続きません。
続かないことは、なかなか習慣になりません✨











お世話になった無料プリントさん

ありがとうございました♡

http://happylilac.net/images/user/syogaku/logo.png

脂質制限

先日、修学旅行へ向けた食事についての話し合いを、担任の先生としてきました。
息子はすい臓を悪くして、去年入院しました。
最近も痛みが出て、学校を早退したりしています。
1食25gまでの脂質制限も続いています。

泊まるお宿に直接お電話で交渉することになりました。
揚げ物、食べられない。
すき焼き、食べられない。
カレーも食べられない。
けっこう食事の内容を変えてもらわなくてはならなくて、申し訳ないです。

2か所のホテルや旅館にお電話したのですが、快く対応して頂き、心より感謝いたします。

毎日健康に過ごせるって、本当にありがたいですね✨


辛かった闘病生活と看病の毎日でしたが、いま息子が自分から勉強しているのは、
入院生活のおかげなんです。

マイペースでコツコツとは勉強する子でしたが、焦ることは一切ない子でした。
先を見据えて行動も出来ない子でした。
夏休みの宿題は、頑張ってコツコツはやりますが、1つ1つ丁寧すぎてペースが遅すぎて、結局8月の末までかかる子でした。

3週間の入院中、授業が受けられずに遅れをとってしまうことで、初めて焦ったのだと思います。
入院中わたしは、朝に顔を見に行き、仕事の終わる時間を早めてもらって午後2時ころに病院に行く、という生活をしていました。
病院に行くと、看護師さんに「毎日、勉強頑張っていますよ。」と言われたので、何のことかと思って息子が検査中に引き出しを見てみると、自学ノートに『今日の予想範囲』と記してあって、その日の教科の進んでいるであろう内容を自分でまとめていました。
体調の良い日は毎日頑張っていたようで、何ページにも渡って書いてありました。
息子に「頑張っていたんだね。」と言うと、「まあね。」とちょっと照れくさそうにうなずきました。

中2の2学期の中間テストは受けられませんでしたが、期末テストで5科目合計も順位も落としませんでした。
「すごいね。お母さん、尊敬する✨」と言うと、また照れくさそうに笑っていました。

何があるか分からない。勉強できるときに勉強しておかないと、とひしと感じたみたいです。
退院後、それまで言っていた「大丈夫なの?」「もうやること終わってる?」などのわたしの言葉は一切いらなくなりました。

自分で先々を見て、計画して、勉強しています。
1年前までの困ったマイペースくんが嘘みたいです。

手のかかる子だったんです。
ん~~~。手をかけちゃった子なんです💦

だからマイペースだったんです。
でも、成長するときはグンとするんですね。
きっかけは人それぞれ。
入院なんてしなくていいなら、しないほうが絶対いい。

コツコツ頑張って子育てしていたら、ぱっと花が咲く瞬間に何度も出会えます。
いま、悩んでいる方も。
コツコツ頑張っていれば大丈夫。


f:id:tayorako:20170614220946j:plain

入院中の息子の背中

パソ勉とタブ勉

WIFIが飛ぶようになってから、息子が今までよりちょっと早く起きるようになりました。
苦手な数学を朝、動画で見るためです。
動画を見てから授業を受けると、難しい数学もスーッと頭に入り、理解できるらしいです。
パソコンでも見れるのですが、立ち上げるのに時間がかかり面倒だったようで、時間がない時間がないと言っていたのですが、タブレットでパパッと済ませることが出来るのでさっそく日課になりました。


わが家では、パソコンを使ってやる勉強をパソ勉。タブレットを使ってやる勉強をタブ勉と呼んでいます。
息子がやっているパソ勉andタブ勉です。
・無料動画(主に数学と理科)
元素記号アプリ
・英語アプリ
漢字検定アプリ
色々なアプリがあって、楽しみながら勉強できるなんてうらやましい時代ですね✨


特に英語アプリのDuolingoにはまっていて、ほぼ毎日続けています。
Duolingoは世界で一番ダウンロードされている語学学習アプリだそうです。
無料です。なんてステキ✨


f:id:tayorako:20170613082007j:plain


manabo用に買ったイヤホンマイクも活用して、発音練習がスムーズになりました。
今までは聞き取りによって、正解したり不正解だったのが、少なくなり喜んでいます。


f:id:tayorako:20170608093400j:plain


ゲーム慣れしていない息子にとって、勉強アプリはとても楽しいようです。
頑張るとポイントみたいなものがたまっていきます。
小さなことに喜びを感じられるって幸せです。


デジタル端末も上手に使うことで、勉強もグンと効果アップ。
楽しんでいても、時々覗き込んでどんなふうに頑張っているか、どこを頑張っているか確認して声を掛けてあげましょう。

自閉症Fくんと昼寝の格闘

やっとWIFI飛びました♡
manaboの体験は、新しく買う予定の受験用ワークに取りかかるときに使いたいから・・・と息子が言うので、まだ使っていません。
今月末か来月初めには使うと言っておりますので、体験したら、またご報告させてください。


そして、ちょっと間が空いてしまいしましたが、わたしを成長させてくれた自閉症のFくんとの、1番の壁になった昼寝について今日は書かせていただきます。


昼寝が格闘ってなんだ、と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、まさにわたしにとっては「格闘」でした。
もちろん、体と体の格闘ではありません。
心の格闘です。いや・・体も少しは入っているかも💦



入園当初、みんなと一緒に布団を敷いたときのことを、はっきり覚えています。
なんだろう・・と不思議な顔をしたFくん。
「ねんねだよ。お布団にごろんしてね」と伝えると、ニコッとしてごろん。
そのあと、すぐに起き上がってジャンプし始めました。
同時に奇声も。

一瞬、眠れるのか♡と思ったけれど、そんなにうまくいかないですね。



他の子の午睡の妨げになるからと、使っていない教室に布団と共に移されました。
環境を次々に移されて、パニック気味なFくん。
わたしも園も自閉症児についての理解があったなら、そんな思いをさせなくてもよかったのに・・。


Fくんは移された部屋から出ようとして、体当たりで何度も扉にぶつかりました。
奇声も激しく出ました。


布団に寝転がることは諦めて、その部屋にいられることが、まず第1の壁。
おもちゃで遊ばせてみましたが、それでもみんなが寝ている部屋に行きたくて扉に体当たり・・。



そんな日々が続いていたある日、T先生がいらっしゃってアドバイスを頂けました。
まずは、もっと狭くて、なるべく余計なもののない部屋を使用したほうがいいこと。
2週間など期間を決めて、午睡時に奇声を上げても反応せず様子をみること。
布団に入った時間や奇声を上げた時間、その時の対応を細かに記録を取り、経過を観察することになりました。


園の職員の中からは、Fくんを無理に昼寝させなくてもいいのではないか。
とは言っても、別の部屋で遊ぶと奇声が激しく、他児の迷惑になるので、外で遊べばいいという意見でした。
それって・・ただの邪魔もの扱いじゃないですか。

午前中からほとんどの時間を外で過ごしているのに、午後も外で過ごすって、まだ3歳のFくんにとって体力的にどうなのか・・。
それも心配でした。


T先生は、昼寝が絶対に必要というわけではないけれど、Fくんにとって気持ちや体を休ませる時間。オフの時間を作ることは大切とおっしゃいました。
寝るというより、静まる時間を作れるよう、まずは2週間、奇声とお付き合いです。
どんな奇声でも、笑顔のまま無反応。
またまた仏の境地。
顔が引きつる~~~~💦


奇声には①感情の表現と②自分を注目してほしいアピールの2種類があるので、感情の表現の場合はその感情を共有して、別の表現の方法を知らせていきます。
「よかったね。うれしいね。」「いやだったね。」などです。
注目してほしい場合の奇声については、無反応でいることが1番です。
反応すると続きます。
つば吐きと同じですね。


うちの子は自閉症じゃないから関係ないわ、と思われているかたもいらっしゃるかもしれませんが、どの子にも通じる方法なんです。
例えば、お店でお菓子やおもちゃがほしいと泣いている場合。
その場で無反応をすると周りの方に迷惑がかかるので、まずは抱っこして車に戻る、とか、
人のいない場所に移るとか、家に帰ってもOKです。
そのとき、こわい顔にならないでくださいね。
心掛けるのは無反応です。

子どもが落ち着いたら、にっこり笑って話しかけます。
「泣きやんでえらかったね。どうして泣いちゃったの?」
「○○がほしかったのね?」と気持ちを共有してから、それが買えるものなら「じゃ、今度買おうね。」と言ったり、買えないものなら、分かるように理由を話してあげたらいいと思います。
泣いたら買う。泣けば買ってもらえる。というしくみを作らないでください。


泣いている子どもに「家に帰ったらジュースあげるからね」となだめている親御さんや祖父母のかたを時々見かけますが、その場しのぎの優しさは子どもに良い影響は与えません。
話しをすり替えず、思いを通してあげられない理由をきちんと話してください。
小さいからまだ分からないわ、ではなく小さいからこそ、分かるように何度も伝える。
その子の周りにいる大人が同じ思いで接することが重要です。
毎日の関わりでその子が成長していきます。
親の関わり、そしてその子の周りにいる大人の関わりってすごく重要です。


家の中で泣いて思いを通そうとしているときに、この方法で対応していたら、外で足をバタバタして泣いて要望を通そうとする子には・・・もしかしたら、なりにくいかもしれません。
持って生まれた性格ももちろんあります。
でも、Fくんも変わっていきました。


Fくんは、1か月、2か月という大きなスパンの中で、午睡の時間について理解していきました。
前進ばかりじゃありません。
上手くいったり、もとに戻ったりしながら、少しづつ成長していきます。

T先生からも、「声を出すことで嫌なことからエスケープできるという間違った学習をしてしまうのでは、と心配していたが、大丈夫。Fくんは今は体を休める時間だということを理解しているね。」とおっしゃってくれました。
涙がぽろぽろでました。


そして、ある一定の時間を静かに布団に上で過ごせるようになりました✨
他児と同じ時間を布団の上で過ごすのは無理だったので、静かに過ごせた後は大好きなCDの機械をいじくらせてもらってご機嫌なFくん。
そんな時間を過ごしているうちに、本当に寝ることも時々あるようになりました✨
昼寝の格闘は出会ってから、卒園するまでの2年半ずっと続きました。



f:id:tayorako:20170610215011j:plain

manabo体験までの道のり

修学旅行のカメラ持参について、答えが出ました。
やはり持っていってはいけないそうです⤵

クラス会議で意見を頑張って言ったのにね。
言ったからこその無力感のなでしょう。
息子が珍しいほどクタリ⤵となっています。
回復まで時間かかるかも・・💦

人生頑張って何とかなることと、何ともならないことがあるよ。
元気出して✨





さて💦
スマートフォンタブレットを使った家庭教師サービスmanaboについて、色々調べてみました。

アプリを通じて、オンデマンド(要求に応じて)、リアルタイムでの個別学習ができます。
家庭学習している中で、解き方の分からない問題に出会ったときにアプリ上で指導を求めると、待機している講師(おもに有名大学の学生)がアプリ上で音声通話(無料)と手書きでの画像共有を使って解き方を指導してくれるというもの。



【使い方】

スマホタブレットでわからない問題を撮ります。

・manaboに投稿。

・得意なチューター(登録している大学生)が約7分くらいで何人か立候補してくれますので、
 その中から自分で選びます。

・回線がつながり、個別指導がスタートします。
 チャット・無料通話・ホワイトボード・画像共有などで、そのチューターが教えてくれます。



【料金】
・月額2480円(税抜き)

・毎月60分まで、何回でも質問できます。

・更新停止(休会)いただくまで、毎月自動更新となり、1時間ずつ付与されます。

・いつでも60分、2480円(税抜)で指導時間を追加できます。

・翌月への残った指導時間の繰り越しはできません。


ということだそうです。繰り越し出来ないのが残念。
ぴったり1時間使うなんて、難しいと思います。

少し前まで180分プラン、きき放題プランがあったそうなのですが、今は60分2480円に統一されています。

60分なんてあっという間だろうな~💦





manaboに問い合わせたところ、いま持っているタブレットでも使用可能ですが(データ通信専用SIMのタブレットでも、manaboで通話ができることが判明しました✨)、現在の契約のままでは容量が少なすぎて無理ということでした。
契約の容量を大きく(使い放題など)するか、WIFIを飛ばしてYouTubeなどの動画が無理なく見れる状況に変えないと難しいそうです。

わが家のデジタル端末状況。
・パソコン1台→有線LAN
スマホ→なし
・携帯電話→3台
タブレット→1台・家族共有・262.5Mbps 3.0GB/1ヶ月


タブレットさえ去年の秋に息子が入院したことをきっかけに、やっと仲間入りしました。
息子が時々楽しんでるお船のゲーム(World of Warships aiming )もパソコンでやっているし、タブレットではわたしがラインを、息子は学習アプリやオセロや将棋のゲームをするくらいです。
主人はたまに何かを検索してるくらいで、ほぼ使っていません。

なんの不便も感じず、いままでの状況に満足して過ごしてきました。

とうとうWIFIを家に飛ばす日がきたのね。
時代遅れすぎて笑っちゃいますね。
でも、本当に必要になるまで買わないが鉄則のわが家なのです。
今回は必要なので、飛ばします♡


f:id:tayorako:20170608092502j:plain



OCNさんに電話して問い合わせてみると、光が通っているので、いまあるルーターにカードを差し込めばOKかも・・ということで、今度はOCNテクニカルに電話。
ルーターが古いし、壁の中(簡単に開きます)に入っていて、接続がうまくいかないかもしれないので、市販のWIFIルーターのほうがおすすめですよ、中古でも程度のいいものが安く出ているし、とアドバイスを頂きました。

中古のWIFIルーターをネットで見てみたら、安いものは3000円くらいから高いものは10000円くらいまでたくさんあります。
どうやって選べばいいんだろう💦

ネットでの情報検索に限界を感じて、ヤマダ電機さんへ。
色々説明を受けて、分かったこと。
安いものはWIFIが飛ぶ距離が短かく、高いものはWIFIが飛ぶ距離の範囲が広い。
使用目的から考えると、先生とのやりとりが途切れないためにも、この先スマホに切り替えたときのことを考えても、少し高め(数字が大きいもの)を選択したほうがいいのでは、というアドバイスを頂きました。
商品を目の前に、教えていただけるのが、1番分かりやすかったです。
お世話になりました。




納得できたので、そのまま購入しました。


f:id:tayorako:20170608093246j:plain



f:id:tayorako:20170608093302j:plain



こんなに小さくて格好いいのね✨



f:id:tayorako:20170608093329j:plain







ついでにイヤホンマイクも買いました。


f:id:tayorako:20170608093400j:plain





あとは接続して、インターネットで設定すれば・・いいのかな。
体験できるまで、あともう少し・・✨