読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頼らない子育て

人と違うを楽しむ×子育て

つばを吐く理由と対処

入園当初から奇声はあった自閉症のFくん。
しばらくして、つば吐きが始まりました。

T先生のご指導によると、奇声をあげる理由はうれしい・悲しい・嫌だなどの感情の表現。
そして自分を注目してほしい・かまってほしいというアピールの場合もあるそうです。

つば吐きの理由も注目してほしいという注目行動であるとともに、逃避行動でもあるそうで、
気持ちが切り替えられないとき、つばを吐いて注目されている間は、嫌なことから逃れられる、などの理由があると考えられています。

自閉症のつば吐きは1度始まると長いことが多いそうです。

家庭で始まったつば吐きに、Fくんの両親は厳しく叱って対処していたそうです。
しかし、止まることなく園でもはじまってしまいました。

ブッと本当につばを吐くんです。
こちらの顔に向けてです。

嫌な顔をしたり、「ダメでしょう」などと叱ると嬉しそうな顔をします。
Fくんにとって悪意のあることでなくても、その顔を見るとフツフツと怒りさえこみ上げてきます。
そして同時に悲しい思いも・・。

少しづつ信頼関係が出来てきたと思っていたので、ショックは数倍に⤵
わたしの体に少しづつ異常が出はじめました。
毎朝の頭痛。
体が重い・・。
独り言が多くなった。
時々急に泣きたくなる。
鬱状態だったと思います。
いや、鬱かな・・。

救いは、発達障害に理解のある園長先生に変わったこと。
そして今まで数か月に1回くらいの訪問だったT先生が、わたしとFくんを心配して毎月様子を見に来て下さるようになったことです。
いらっしゃるだびにアドバイスを頂き、力を頂きました✨

T先生からのアドバイスです。
☆対応の仕方
・反応したり、活動から外すのは適切ではない。
・平静を装って反応しない。

ふーーーーーう。
顔につばが飛んでも平静を装うって、難しくって💦
悟りの領域です。凡人には平静を装うを装うにしかならず💦
Fくんに見抜かれる⤵

アドバイス その2
☆解決に向けて
・結果(反応がある。逃れられる)が得られるうちは、つば吐きが続く。
・反応しないことで、つば吐きは一時的に増えることもある。
・つばを吐きそうな時に、吐かなかったときはたくさん誉める。
・つば吐きをしたとき「○○がいやだったの?」「いやいや?」など、つば吐きの代替えになる言葉を伝える。


Fくんのつば吐きは年長に進級して、新しいクラスになり、教室が変わり、担任も代わり、母親の勤務の都合で降園時間が30分伸びたときにピークを迎えました。
新しい環境に慣れることが不得意なのは自閉症の特徴です。
安心して過ごせる場所を見つけ、ゆったりと過ごしながら、信頼関係を深めることで、少しづつつば吐きが少なくなっていきました。
約1年半のつば吐きとの闘いでした。



f:id:tayorako:20170522191138j:plain

笑顔で息子を迎えに行くために

当たり前なのですが、この仕事をしていると、24時間保育中になります💦
Fくんの加配をしていたときに、息子は5歳。
保育園年長組です。

朝から夕方までFくんと過ごして、帰りに保育園へ息子を迎えに行き、
帰り道に毎日公園に寄って、逆上がりの練習をし(→息子の運動音痴を直すことを諦めてなかったころです。)
家に着いたら、お気に入りの自転車に乗って走りたい息子にちょっとだけ付き合い、やっと帰宅。
家に帰って夕飯作り、息子と毎日1ページを日課にしていたワークをやり、お風呂に入ります。
子育てを楽しむというより、日課をこなす!という感じだったかも・・。


なにを頑張りすぎてたんだろうな~⤵と、いまになれば分かる💦
わたしの悪いところです。
いまはようやく、『まあいいじゃん♡』が出来るようになってきました。
でも得意か・・と言ったら、得意ではないので『まあいいじゃん!!!!!』と心に言い聞かせます。


仕事のストレスと疲れから、息子にあたってしまって反省することもしばしば⤵
寝顔をみながら『Fくんのことはあんなに待てたのに、なんで息子のために待ってあげられなかった?』と自分の不甲斐なさを責めました。




どんなに嫌なことがあっても、疲れていても、息子を笑顔で迎えに行きたくて、ある方法を思いつきました。
えーっと💦田舎だからできた方法なので、みなさんが使えるかは分かりません。笑。

帰り道に周りを田畑に囲まれて、人通りも車通りも少ない場所があって、運転をしながら窓を開けて「うぉーーーーーーーーーーっ」と叫ぶだけ。
うそでしょ、と思ったかもしれませんが、わたくし毎日叫んでいました。
のちほど詳しく書きたいと思っていますが、あるときからFくんのつば吐きが始まってしまい、心がズタズタになっていたころです。

誰にも迷惑を掛けずに出来るし♡(ええと・・周辺の方、もしかしたらごめんなさい。でも車で走りながらなので一瞬でしたよね♡)
ストレスを全部体の中から追い出すイメージで✨


「ただいま~」と息子を迎えに行くと「ママ!」と走ってくる大切なわが子に笑顔で会いたいので、母はマイ切り替えスイッチを見つけたんです♡



f:id:tayorako:20170519201557j:plain

こだわりとの付き合い方と止め方

自閉症の子の多くに見られる強いこだわり、Fくんにもたくさんありました。
特に水が大好きです。
自閉症児に多く見られる特徴でもありますが、水の流れや動き・光る様子・水の感覚を好んでいるようです。


T先生のアドバイスから、数を数えて区切る方法をはじめてみました。
「1.2.3.4.5.6.7.8.9.10。10になったからおしまいね。」
と伝えて蛇口を閉めようとします。
奇声をあげたり、怒ったりして止めたくない気持ちをFくんが伝えてきます。
「じゃあ、もう1回だけよ。1.2.3.4.5.6.7.8.9.10」
ゆっくり数えて、また止めようとします。
これを何度も繰り返します。
はじめのうちは果てしない繰り返しなのですが、水が好きなFくんでも飽きるときがきます。
その時と数え終わったときが重なったときに
「えらいね。おしまい出来たね。」
と声を掛けます。


繰り返しているうちに、数える回数が減ってきました。
ときには10まで1回数えただけで、止められる日も✨

魔法みたいです。
怒らなくてもいいし、パニックにならなくてもいい。
ただ区切りを伝えて、一緒に寄り添って待つだけ。
待っている間は長いのですが、その時間も困った顔でFくんに寄り添うことなく、一緒にゴールを探している感覚になってゆったりとした時間が流れるようになっていきました。
もちろん2.3日のことではありません。
1週間、2週間という長い時間をかけてゆっくりと。



この方法、自閉症児だけでなく、いまも保育中に大活躍です。
どうしても切り替えられない子、切り替えられないときのおまじないです。

外遊びから部屋への入室を嫌がって、なかなか気持ちが切り替えられない子に
「まだ遊びたいのね。いいよ。10待っているね。数え終わったらお部屋に入ろうね。」
と声を掛けると、あらふしぎ~✨あっという間に入室しますよ。

もちろん1回でダメな時は、何回でも付き合います!
そして、出来たときにはたくさん誉めてくださいね。

「まったく、どんだけじかんかかったんだ。もう!」
という言葉は心の中で(笑)

『出来そうなこと1つの目標を与える』方法

特別支援学校の先生はT先生という男のかたでした。

T先生はFくんがすることを静かに見ていて、マイナスの行動には何も反応せず、プラスの行動にのみ褒める言葉をそっと掛けていました。
わたしに心をなかなか開いてくれないFくんが、初対面のT先生に自分から寄って行きました。

T先生がまずしてくれたのは、ボロボロになっているわたしの心へのフォローでした。
少し経ってから気づけたことですが、その時は良いと思っていたFくんへの対応も、ダメなことばかりでした。
こだわりを諦めさせようとしたり、静止を多くしたり。
Fくんが嫌がることを、Fくんのためだと思ってしていました。
でも、T先生はその時、わたしのダメなところを1つも伝えようとしませんでした。
T先生はFくんにもわたしにも、ダメな部分について反応せず、プラスの行動にのみ声を掛けてくれていたのです。

そのことを後ほど気づけたとき、自分の駄目さ恥じる気持ちと、心を折らないで支えてくれたことへの感謝の気持ちが溢れました。
そして、マイナスな部分への反応をしない理由も少しづつ理解していきます。



わたしが困っていることに対して、「こういう方法があるよ」という言葉だけを掛けてくれました。
「うんうん、頑張っているね」と声を掛けてくれました。
そして会うたびに1つだけ、目標をくれました。

最初にもらった目標は、Fくんが走る(逃げる)。そのあとをわたしが追う。という関係性を変えること。
行く前に「どこかに行きたいの?」「いいよ」「じゃあ、一緒に行こうね」と共に動くようにします。

はじめは行こうとするFくんに「テラス(お気に入りの場所の1つでした)行きたいの?」と聞くと、また止められると思ったのでしょう。
顔をこわばらせていましたが、「いいよ。一緒に行こうか」と声を掛けるとニヤニヤした表情に変わったのを、鮮明に覚えています。




なかなか寝なかったRくんに声を掛けた時、「寝なさい」と言われると思っていたRくんが、
「寝なくてもいいから、ごろんしていてね」という言葉に反応して、布団に乗りました。
寝たくないという気持ちに寄り添ってあげることで、Rくんのきもちがほぐれたのだと思います。
T先生のアドバイスから学べたことです。
声の掛け方で、こんなに関係性が変わるんだとハッとした出来事でした。




自閉症の子は、自分の中で決めたルールを守ろうとしたり、物事に強いこだわりを持っていることが多くあります。
Fくんもこのこだわりが強く、家から着てきたウィンドブレーカーを日中暑くなって汗ダラダラになっても、脱ごうとしなかったり。
食事にも強いこだわりがあり、入園した当初は白米・肉・魚のみしか食べられませんでした。
水に強い興味を持っていて、ずっと水に触れていたい様子で、「そろそろおしまいにしましょう」と言っても、蛇口を閉めようとしませんでした。
ウィンドブレーカーを脱がせようとしたり、蛇口を止めようとしたわたしの手を強くつねったり、体当たりしたり、時には関係のない近くにいる人や物に向かっていったりすることもありました。
担任の先生に向かって行ったとき、「もうやだ~。そういうの、やめさせてくれる」と真顔で言われて『え・・?どうやって?』と泣きそうになったことを思い出します。





T先生の『出来そうなこと1つの目標を与える』方法は、わたしの子育ての基礎になっています。
出来そうなこと。
1つだけ。
何もできないと思っていた自分が、やれるかも・・と思えたこと。
それが出来たとき、とても充足感があって、次も頑張ろう、もっと頑張ろうと思えたことを身をもって知ったからです。


この方法は、子育てしてく上で、とても大きなヒントになりました。
お手伝いでも、勉強でもちょっと頑張れば出来そうなものを与えて、出来たら誉める。
その繰り返しは成功体験の積み重ねになります。
成功体験の積み重ねでできるようになったことは、大変であっても楽しいことになります。
やりがいのあることになります。

息子はお手伝いも勉強も、好きか嫌いかで言ったら、たぶん好きだと思います。
毎日自分からゴミ捨てに行ってくれますし、勉強したいこと(教科にもよります)がたくさんあるそうです✨

それについても詳しく書きたいのですが、何を書いているのか分からなくなってしまうので、今はまずFくんのことを書いていきます。



次にT先生からもらった目標は、こだわりとの付き合い方と止め方についてです。
かたい話が続いているのに、読んでいただいてありがとうございます✨



f:id:tayorako:20170516084920j:plain

自閉症児を理解していないわたしが自閉症児の加配になった日

わたしを成長させてくれることになるFくんとの出会いは、平成20年7月でした。
その日からFくんが卒園する23年3月までの2年8か月。
わたしは担任ではなく、加配保育士として関わります。


加配という言葉をはじめて聞いた方もいらっしゃるでしょうが、
加配とは、生まれつきの発達障害などで、他児と同じように保育園の生活を送ることが難しいお子さんに、
配慮を加え、生活を支える役割を担っています。
“補助”であれば、クラス全体を見ながら、その時々に困っている子に手を差し伸べるのですが、
“加配”ですので、ほぼFくんだけを介助します。

入園してすぐに、専門機関で知的障害発達障害と診断されたFくん。
言葉はほぼオウム返しでした。要求は指さし。
自分の欲求や思いが通らないことがあるとパニックになったり、奇声を発していました。
体は大きく、人や物への体当たりも時々あり、目が離せない状況でした。

本当にお恥ずかしい話なのですが、加配になった当初のわたしは自閉症の名前と特徴は知っていたものの、
自閉症児とどう関わったらよいのか、まったく分からない低レベルの保育士でした。

Fくんの加配の前には、ダウン症児の加配をして、その前にも発達障害がある子との関わりの経験も
あり、大変そうだけれどどうにかなるかな・・と思っていました。
その子に対して、その子のお父さまやお母さまに対して、本当に失礼でした。

ただ、現実的に発達障害専門の機関を併設していない保育園や幼稚園で、発達障害の子の補助や加配に当たるのは、パート保育士やパート幼稚園教諭です。
そのパート保育士やパート幼稚園教諭がみんな発達障害を理解しているかというと、理解の差はかなり大きいと思います。

ある程度の知識と経験があれば、たくさんの子と関わってきているので、
「あれ、この子はもしかしたら発達障害かもしれない」
と感じることはあります。

その子が発達障害なのか、どんな発達障害なのかを診断できるのは、医師です。
関わり方を教えてくれる専門職は、
臨床心理士
臨床発達心理士
音楽療法士
作業療法士
言語聴覚士
特別支援学校教諭
社会福祉士
精神保健福祉士です。
もちろん療育の勉強をした保育士や幼稚園教諭も。

発達障害と一言でくくっていますが、その種類や特徴は幅広く、その子にとって良い関わり方が1人1人
違うのでこんなに多くの職種があるのだと思います。


発達障害への理解も深くなってきて、研修や勉強会も増えてきました。
最近のことです。
研修に参加するの正規職員が多く、子どもを抱えたパート職員などは仕事以外で研修に行く時間はなかなか取れず、理解が遅れてしまうという現実があります。

地域によっても差があり、東京には療育施設が公私のものともたくさんありますが、
私が住んでいる県の端っこ、田舎の地域では、まだ発達障害の子が通園できる施設も少なく、今もなお理解の進みは遅いように感じます。


Fくんとのスタートから数か月。
毎日がボロボロでした。
きっとFくんにとっても、最悪な数か月だったと思います。
ごめんなさい。

日々の奇声と体当たりと、パニック。
どうしていいか分からなかったのです。
その頃勤めていた園も、その子に対する理解はなく、クラスにいるとほかの子に危害を与えたり保育の邪魔になるので、なるべく外遊びをしていてください、と言われました。
その言葉は、すごく衝撃的で、悲しかったです。
担任の先生は、Fくんと関わろうとはしませんでした。

1日中、その子と園庭で遊んでいました。
一緒にといっても信頼関係がなかなか結べない。
目が合わない。
会話ができない。

2人でいるのに、1人ぼっちの気分でした。
きっとそれはFくんも・・・。


そんな最悪な状況から抜け出すきっかけをくれたのは、その地域の園を時々巡回していた、特別支援学校の先生でした。

Fくんとの関わり方を学べて参考になったことは、発達障害の子でなくても参考になることがいっぱいでした。
発達障害の子に伝わる方法は、どんな個性を持っている子にも当てはまる方法です。
Fくんと出会ったころ、息子は5歳です。
自分の子育てにも大きく影響しています。
とても感謝しています。



f:id:tayorako:20170514211038j:plain


お昼寝問題

「うちの子、お昼寝なかなかしないんです」
「寝つくまでに、すごい時間かかって・・・💦」
そんな声をたくさん聞きます。

0歳でも、お昼寝のリズムは様々。
1歳、そして2歳くらいになると、体力もついてきて、もっと個人差が出てきます。

昼寝を諦めて1日過ごしてみたら、夕方疲れ果ててグズグズに、なんてことも多々あります。
赤ちゃんはお昼寝の間にストレスホルモンを下げているらしいですよ。
だから、昼寝後はご機嫌になることが多いのですね♪



わが子のことは前にも書きましたが、ほぼ1日抱っこのカンガルー生活だったので、昼寝も抱っこ。
寝ついたら布団に静かに寝せる。

この時の緊張はハンパないです💦
1回で布団に移ってくれたら、叫びたいくらい嬉しい。叫んだら起きますけど。笑。
多い時には2回も3回も繰り返して、布団への移動完了。

クタクタです⤵
寝ている間にやりたいと思っていたことが、山ほどあるのについ一緒に寝てしまう⤵
あ~自己嫌悪。

諦めて抱っこしたまま寝せたこともありました。
ほんと手を掛けすぎました💦



今も仕事で、このお昼寝問題に直面中。
2歳児にフリーとして入ると、なかなか寝ない手ごわい子が1人、2人、3人くらい。

特に今年度に入ってから1度しか寝ていなかったRくん。
担任の先生が困り果てていました。

布団に乗ろうとしない。
おもちゃで遊ぼうとする。
大きな声でおしゃべりも。

他の子も気になって、なかなか寝付けない状態です。
とっても甘えん坊で、頭の良い子です。

自分のお布団を振り回しはじめたので、それはキケンと思い、
「お布団いらないの?先生にちょうだい。」と声を掛けました。
それは嫌なのか、首をふります。
「いやなのね。じゃあ、寝なくていいからお布団にごろんしていてね。」
と伝えると、寝なくていいからの言葉に反応して布団に寝転がりました。

「あら、おりこうね。ちゃんとお布団にごろりできたね。」と言うと、
褒められたのでニコリ。
そうっとそばに寄って、小さい声で話しかけます。
「このお布団フワフワだね。誰が買ってくれたの?」
「まま」
「Rくんのママ、やさしいね。」
コクリとうなづきます。大好きなママを褒められるのは、自分を褒められることと
同じくらいうれしいので、だんだん挑戦的な表情が和らいでいきました。

他の子の邪魔にならないように、小さい声で「1本橋こちょちょ♪」をします。


いっぽんばし こちょこちょ すべって たたいて つねって
かいだん のぼって こちょこちょ♡


「も1かい」(もう1回やって)
「いいよ。じゃあ、シー(静かに)だよ」


いっぽんばし こちょこちょ すべって たたいて つねって
かいだん のぼって こちょこちょ♡


何回か繰り返したら、
「も1かい」
「いいよ。」「でも、これでおしまいね。ねんね出来たら、またいっぱいやってあげるね。」

いっぽんばし こちょこちょ すべって たたいて つねって
かいだん のぼって こちょこちょ♡


そのままの流れで「1本橋こちょちょ」を緩やかな速度に変えて子守唄にしていきます。

寝ないことを諦めず、布団からまた脱走しようとしましたが(笑)
また1本橋遊びをする。
何回かしたら、「これでおしまいね。」と上と同じことを繰り返す。
それを何回かしたとき、Rくんの体の力がふわっと抜けていく感じになって、コクッと
眠りにつきました。

スイッチがオフになった瞬間です。
スイッチのオンオフがすぐできる子もいれば、苦手な子も。



このスイッチオンオフ。
入眠のときだけでなく、様々なときに同じような傾向をみせるように感じます。
遊びからのオンオフ。
食事開始時のオンオフ。

スイッチの切り替えが上手だと、日常生活の中にある小さな切り替えがスムーズに過ごせることが多くなります。


体力がついてきて、お昼寝がなくても夜までご機嫌に、元気に過ごせるようになるまで、
お昼寝は必要です。
でも、お昼寝の習慣は自然にできるものではありません。
昼寝に入っていきやすいよう、環境を整えてあげることも必要です。
入眠方法は1人の子には合っていても、ほかの子にも合うかどうかは分かりません。

隣りに添い寝するだけで寝てくれる子もいるし、Rくんのように少しづつスイッチをオフにしていかなければ
難しい場合もあります。

その子が何に反応して、どうすれば落ち着いてきて、スイッチがオフになるか、色々試しながら
探ってみてください。
「やる気スイッチ」ならぬ「ねんねスイッチ、きみのはどこにあるんだろ~🎵」ですね。笑。


息子のときには、毎日お昼寝に格闘していたわたしが、どうしてRくんを寝付かせることができるように
なったか。
深い深い理由があります💦
スイッチのオンオフとも。


8年ほど前に関わっていた、自閉症の男の子。
その子との2年半は、わたしを大きく成長させてくれた2年半でした。


その子との2年半があったからこそ、いま目の前にいる子どもたちとの接し方や、
息子とのかかわり方が変化しました。

その内容については、1日では書ききれませんので、少しづつ書かせてくださいね。


f:id:tayorako:20170512233623j:plain

習い事

小さいころの習い事はほとんど運動でした。

スイミング9年
キックボクシング2年
総合スポーツ2年

運動が苦手だし、喘息持ちだった息子の体力を伸ばしたいと思い、
小学生まで、親子で頑張りました。

結果、運動は得意にならず・・。

けれど、運動が嫌いなわけではありません。
いや、嫌いなものも、ちょっとあります💦


色々頑張ってみた結果、頑張ればどうにかなることと、
どうにもならないことがあることが、分かってきました。

はじめる時期も大切だし、その子の性格や資質に早く気付けるかどうかで、
伸びしろを増やせるか変わるのかなと感じています。

ただ、どうにもならなかったことも、じゃあやらない方が良かったのかというと、
そうは思っていません。

長く続けたスイミング効果では、陸上では、早く動けない息子ですが(笑)
水中ではびっくりするほど、生き生きしています✨
肺活量も増えて、スポーツテストでも、シャトルランなどでは、
結構頑張っていたりします。

そこで出会う友だち、先生から色々なことを教えていただいて成長していると
感じています。





ピアノが少し弾けるので、それは自分で息子に教えてあげようと思い、取り組んでみましたが、
わが子に教えるって、すごく難しい⤵
そしてなぜに、こんなに音感ない???

職業柄、鉄棒や跳び箱も子どもに教えることも多く、何十人もの子の、出来るように
なる姿を見てきたのですが、自分の子が1番大変でした。
吸収するのになぜこんなに時間がかかる💦
わが子ならではの、プラスのストレス。




親が教えてあげられることは、息子の得意な分野なら吸収力が高いのでOK。
逆に不得意なことは、習い事として、第3者のかたに教えてもらう方が、親子でストレス
感じなくてよいのかなと思いました。


いまは習い事の種類もたくさんあって、うらやましいくらいですね。


経験したことは、必ずその子の糧になります。
糧になるには、少し継続することが必要ですので、出来れば体験してみて、
これなら続けられそう。楽しそうと子ども自身が感じたものを選ぶといいと思います。


f:id:tayorako:20170510211555j:plain